2016年09月29日

動作分析サービス

IMG_0815[1].JPG

1コマ 1/16秒の分析が、アスリートの練習の正しい方向性を導きます。0.0625秒
会員でない方も2000円〜できます。
メールで動画を送っていただき、メールでお返しいたします。

IMG_0800[1].JPG
posted by GENKI at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホームトレーナー養成講座

ホームトレーナー養成のご案内
親が家族の指導者が子供の体のメンテナンスをする技術を習得する講座です。

鳥取は特に、少年スポーツのスポーツ障害が多いです。
素質のある子は、ピッチャーで4番、ピッチャーしない時はキャッチャーです。
ピッチャーできる子はいても、キャッチャーできる子は少ない。
肘を痛めても、お前しかおらんのだと、やらされます。

これに郡部は、水泳の選手と駅伝練習が入ってきます。自分のクラブ活動した後です。

高校に入るころには、立派な?スポーツ障害者です。

GENKIのハイパーストレッチは、3軸ストレッチです。
3軸ストレッチをしているのは、ここだけです。

12_ext_07_1_S-thumbnail2[1].jpg


GENKIのハイバーストレッチを習得すると
・運動部員の運動神経を飛躍的にアップさせます
・故障者のいない部活動にします
・技は一生もの、親と子供と指導者に生活に役立つ技術を身につけさせます
・何よりも、指導者としての腕を上げます

知っておられますか?
@整体やマッサージに行って、試合に臨むと球が遅くなる、スイングが遅くなる。
 当たり前です。ほぐれるからです。(鎮静作用)
 ストレッチだけが、試合に適しています。(促通作用
Aストレッチは、6種類もあります。
 「はい、20秒伸ばしましょう。」というのは、30年前のストレッチです。
B猛練習を課して怪我しなかった者だけでレギュラーを組む。
 人口の少ない鳥取でこれはできないです。怪我したまま試合にでます。
 肝心の高校に行く頃には野球が思いっきりできない体になっています

《受講内容》 ・基礎理論+20手技
 ・基本手技(全スポーツの対象)
 ・競技特性の手技(あなたの希望のスポーツの対象)
 ・技術を確認する資格認定テストを行います。(任意)
 ・対象は、指導者・部員・部員の保護者・マネージャーです
  体重やテコの原理でしますので、女性でも出来ます。
・月会員  月2回全12回半年コース 木曜19:00または 土曜10:30 7,560円/月
 ・短期集中全6回コース(定価 50,000円 )
   キャンペーン価格と教員価格 30,000円
 ・人数 2〜9人 
posted by GENKI at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

スポーツ個人契約

スポーツ動作の改善と体のメンテナンスをさせていただいております。
3軸初動負荷トレーニングとハイパーストレッチを主力武器に
あなたのスポーツライフをサポートします。
県内外を問わず、ダンス・スキー・野球・テニス・駅伝・サッカー・バスケット・長距離のアスリートが集っております。

スキー.jpg
posted by GENKI at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

マタニティ整体

妊婦@.jpg

GENKIでは、安産のためのマタニティ整体や運動を行っております。
妊婦は病気ではないので、じっとしていてはいけません。
胎児の成長には、母胎の健康が大切です。
毎回カウンセリングから始まり、整体・運動や食事のアドバイスも行っております。
posted by GENKI at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

痔の原因療法

なんと、女性の3人に1人だそうです。
手術や薬では痔は完治しません。
実は、手術によって治した痔は、再発する可能性が高いのです。
手術や薬はあくまで応急処置。
本当の意味での痔の改善とは言えません。
あまり知られていませんが、痔の薬には「依存性」というものがあります。
痛む時に薬を使えば、確かに一時的に痛みはやわらぎます。
しかし、それで痔が治ることはありません。
特にステロイド系の薬は、皮膚を薄くし出血しやすくなってしまいます。
つまり、その時は止まってもより出血しやすいお尻になっていくのです。
より強い薬が必要になってしまうのです。

痔になってしまう最大の原因である●●●を解消する方法です。
そしてその●●●は、「体を整える」ことでしか解消しません。

患部は見ないので安心してください。

(注)痔ろうの方は、当院では無理です。肛門科の病院へ直行してください。
posted by GENKI at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

GENKIのトレーニング整体

人間の体はすべてがつながっています。
一体となって機能している人間の体は、骨格や筋肉などがすべてつながって
1つのユニットとして機能しています。

そのため、何か痛みや問題がある場合に、その1カ所だけに対処し、
回復させようとしても不十分です。

ほとんどの人の問題は、体全体のねじれや歪みが原因であるため、
まずこうした根本の歪みをとり、筋肉を再教育し、
体全体をバランスよく使えるようにすることが最も重要なのです。

GENKIの運動プログラムは、
それを最短で達成できるように、
また、最大の効果を得られるように、
トレーニングの種類や順序、時間、回数などが絶妙に組み合わされています。


今、多くの人が行っている強化エクササイズやジムのトレーニング機材、
治療メニューは、特定の筋肉、たとえば、腹筋だけを鍛えたりするものです


しかし、人間の体は、すべてがつながり、一体となって機能しています。
ですから体全体を1つのユニットとしてとらえる考え方がすべての基本となります


人間の体は、どの部分も動くためにできています。

しかし、運動不足で筋肉に適当な刺激を与えなかったり、
誤った筋肉の使い方を繰り返していると、体は本来の姿勢を失い、
筋肉と骨格の関係がアンバランスになっていきます。

そうすると、
筋肉は、正しい刺激を受けていない状態に適応しようとして、
筋肉や骨格の新しい結びつき方を作りだしてしまいます。

これを「代償作用」と呼びます。

たとえば、ケガをしたりして、ある部分に痛みや不快感があると、
私たちの体は、本来使うべきでない筋肉に助けを借りて、
その場所を「かばう」ようになります。

この「かばう」という行為が「代償作用」を引き起こします。
この悪循環から抜け出すには、あなたに合ったプログラムとあなただけの指導者が必要です。
自分である程度できるようになるまではどちらが欠けても効果がありません。

ストレッチや整体で一時的にバランスがとれても、筋肉には力を抜いていても自然収縮しております。
筋力が強いほうが自然収縮で勝ってしまい、崩れてきます。
結局、筋トレでストレッチをしながら、筋力のバランスをそろえないと、解決しないのです。
これが、トレーニング整体です。

posted by GENKI at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運動療法のススメ

体に不調がある人は、腕のよい施術家に巡り合っていないからだとと考えてしまいがちです。
でも、おおもとの原因は体の運転が良くなかったからなんです。
肝心の原因はほったからしにして、どこかいい医者いないかなあと思っていませんか?
修理工場を探していませんか?
運転のくせを直さないと、いつまでたっても同じこと。
再発(再事故)します。
GENKIの運動療法で肩こりや腰痛の起きない体に変えていきましょう。
posted by GENKI at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

【入会に必要なもの】

以下の@ABをご用意ください。
@入会金 10,800円 
A月会費 月会費1か月分
     ※翌月が日割りになります。
B通帳とお届け印
 会費はあなたの指定銀行・郵便局がら口座振替になります。
 振替はすぐに手続きできないため2ヵ月後から開始されます。
カード決済もできます。
                                                  
posted by GENKI at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

元気な100歳になる方法

 元気に生活している100歳の人と、寝たきりの100歳の人、その違いを生んだのは年齢ではありません。両者の違いは、それまでの100年間をどのように積み重ねてきたのかによって生じるのです。ひとことでいえば、健康体でいられるか否かは、その人の食事・生活習慣次第だということです。日本人の寿命が世界一だといっても、重病を患ったら数に入れないという条件で比べたら最下位かもしれません。
 『どのような食事法・生活習慣を身につければ、健康で長生きできるのか。』ということをGENKIでは研究テーマの一つとし、会員にアドバイスしています。100の間違った知識を持っているより、1つ正しい知識を持っている方がよほど役に立ちます。栄養があると思って毎日食しているものが全く栄養の無いものだったり、反って栄養や寿命を消費するものかもしれません。現在小学3年生から90歳までの人が食事の指導を受けられています。
 メタボ・便秘・子宮筋腫・骨粗しょう症・アトピー・花粉症・うつ・高コレステロールなどの現代病の改善例がみられます。
posted by GENKI at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする